Home > Archives > 2009-05

2009-05

スティレット剥いちゃいました!

5月最後のFAブログ更新日です。

ごきげんよう皆様。

今日はなんと…

スティレットのちょっと恥ずかしい姿をお披露目しちゃうのですよ。

ででん♪

e794bbe5838fefbc91

でででん♪

e794bbe5838fefbc92

ででででん♪

e794bbe5838fefbc93

まぁ、あえて言うなら

【スティレット剥いちゃいました!】

まだ開発中ではあるので、こんな感じで外装を被せているんだなぁ・・・という参考程度にご覧ください。

ちょっと着せ替えが楽しかったです(ぁ

現在工場にて鋭意開発中続報を待て!

以上!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

FAMTGが開催されました。

トゥスッ!

FAブログ更新のお時間です。

東京都立川市のあるビルの中で「FAMTG」が開催されました…

あ、フレームアームズミーティングの略です。

今日の議題としては進捗状況の各部署報告がメインでしたが、一番盛り上がったのが、「スティレット」「轟雷」そして【フレームアームズ】のその先に…です。

えぇ…会議は長時間に渡りました。(遠い目)

こちらについてはまた別途ご報告できる段階でお話します…待って!もうちょっと待って!

今日の報告終わり!(…ブログというよりは報告でしたね)

【追記】

スティレットでちょっとだけ遊べましたorz

_mg_6071

肩部に接続されているウィングを脚部に接続し直している形です。

あ、なんかスッキリした【テストTYPE】みたいだ。

追記の追記:ホイホイさん「系」ネタも早くお伝えしなければ…

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

フレームアームズ 静岡ホビーショーで展示しました!

FAブログ更新のお時間です。

さてさて、過去ブログでご紹介したとおり先週末開催されておりました「静岡ホビーショー」にて【フレームアームズ】の塗装完成品、及び原型の展示を行っておりました。

211

当日は多数のお客様にご覧頂いていた模様で有難うございました。
又、ブースをお貸しくださったフジミ模型様にも改めて感謝を。

「スティレット」と「轟雷」には今後ラジオ会館店でも展示を行っていきますので、
是非お楽しみください。
展示模様等はまたブログにてご連絡いたします。

以上。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

柳瀬氏コメント:「スティレット」のモチーフ

こんにちは
FAブログの更新を行います!
今回は以前柳瀬氏からコメントを頂いた際にあった「スティレット」のモチーフについて今回コメントを頂けました!!

柳瀬です。

「スティレット」のモチーフになった飛行機。
カラーリングと各部の印象で一発で分かった方が多いでしょう。

日本、航空自衛隊の戦闘攻撃機 F-2 です。

元々純正日本製を目指した次期支援戦闘機FS-Xが
アメリカの意向により日米共同開発に移行したため、F-16をベースにしているとはいえ、大きくなった主翼や長くなった胴体、形状が変化した水平尾翼などが妙に格好いい日本的印象にしていて、大変好きな機体です。

さらに青と紺に白ラインという、海上でのカモフラージュであるところの洋上迷彩がめっちゃ格好いいカラーリングで、戦闘機としては、やや派手に感じる色合いではあるが、是非ロボットに塗ってみたいと前から思っていました。

この機会を逃してはなるまいと、飛行機ロボの第一稿から色を塗った設定画を渡し、OKをいただきました。

コトブキヤ社内では「スティレット」の線画を元に、塗り絵大会が行われた次第です。
上がってきた作品(?)は実に多彩で、赤であったり黄色であったり、グレーパターンを何案か上げてきてくれた人もいた程でした。

柳瀬氏から頂いた今回のカラーリングを見た一同は、
【コレダ!】【コレで】【コレしかないのでは?】
実に面白い現場でした^^

以上!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

スティレット原型2

こんにちは。

本日更新!FAブログの時間です。

前回の轟雷の原型塗装完成品に引き続き、「スティレット」の画像を公開します。

ご覧あれ♪

0905151

0905152

うん…戦闘機だ。

グレーカラーにして試作開発機なんていう妄想設定とかも膨らみます。

妄想は大事です。

まだまだこの程度の画像ではお伝えできる情報も少ないかとは思いますが、まずはこちらで「妄想力」を使用してお楽しみいただけると嬉しいです。

0905153

0905154

0905155

現在「スティレット」「轟雷」については、第48回静岡ホビーショーにて展示されております。
お越しの際には是非、ご覧ください。
フジミ模型様のブースに展示しております。
以上。

轟雷原型

こんばんは。

本日更新!FAブログの時間です。

今日は「轟雷」の原型画像を公開しますね。

この轟雷は【スティレット】の飛行機タイプに対し、愚直なまでの【戦車タイプ】なのです。

gourai_front1

gourai_back1

こちらのデザインイメージに関しては今後柳瀬氏から語って頂く事にして…

ご覧あれ!これが轟雷!!

gourai_action2

gourai_action7

gourai_action8

…格闘戦とか似合いそう。

ここで最新ニュースのお時間です。

今週末に開催されます「第48回静岡ホビーショー」にて、この度ご好意により、フジミ模型様ブース内に展示をさせて頂く事になりました。

【フレームアームズ】より、

(1) スティレット(塗装完成品)

(2) 轟雷(塗装完成品)

(3) フレーム(サフ原型)

の3点と、きゃらde CAR~る?アイテムも展示予定です。

フジミ模型様ブースにお立ち寄りの際に是非探してみてください!

以上。

F.A.名古屋上陸!~『でらホビなごや』に展示されました。~

みなさまGW明け、いかがお過ごしでしょうか?

前半は天気にも恵まれ、日本中でお出かけになられた方も多かったようですね。

そしてまだGW継続中のお休みの方は、最高レヴェルの、正に黄金の16連休パターンですね!(゚ρ゚*)!

そんなGW真っ只中、5月5日と6日に日本のほぼ中心地である「名古屋」にて開催された『でらホビなごや』に出展し、コトブキヤブース内の専用タワーケースにフレーム・アームズを展示させていただきました!

090508a

会場が暗く画像暗めですみませんm(*–*)m。

一番手前にフレーム君、奥にはスティレットと轟雷がそびえ立っております。

まだサーフェイサーの状態ですが、実際のフレームと外装装着状態との比較検討できる感じの展示です。

目にしたお客様に感想を尋ねてみると「う~ん、よく出来ていますね。今までコトブキヤのキットは買ってるけど、これまでのキットと同じかそれ以上のクオリティであれば注目したいですね。」と、ありがたいお言葉。

090508b

「ちなみにスティレットと轟雷、どちらがお好みですか?」という問いには「絶対轟雷!でもスティレットも気になるなー。」との人気を二分した(どちらも買いたい)お答えが多い感じでした。

「スティレット、轟雷もいいのですが実はフレーム・アームズにはこのフレーム君に大いなる秘密(魅力)があるのですよ~・」

「えっ?何なのですか?…」

「それはですね~これこれしかじか、こんな感じでサクッとずばば~んと……。」

「!!! それは面白そうですねー。覚えておきますね。」

「ありがとうございまーす!」

といった会話が繰り広げられました。

名古屋のロボット模型ファンの方々にも大いに響いたようだった「フレームアームズ」は、今後も模型雑誌やラジオ会館「KOTOBUKIYA」等でじゃんじゃん展開予定ですので、皆様、よ~くお見知り置きの程うぉ~~!!

宣伝担当:熊

スティレット原型

GW如何でしたか?

いい模型ライフ送れましたか?

今日はスティレット原型画像を公開しますよ~~。

090505a

090505b

090505c

現在「内部フレーム」については、ラジオ会館店にて原型展示を行っておりますが、こちらの【スティレット】も5月中旬より展示を行います。

(展示前夜にはまたご報告します)

原型画像としては今回はこちらの3枚ですが、

今後のブログでどんどん遊んでいきますので、お楽しみください。

本日は以上!

柳瀬敬之氏デザインコメント

ども、柳瀬敬之です。

基本フレームのデザインを進めると同時に、外装についてコトブキヤさんと話し合いを始めました。

オリジナルロボットを模型展開だけで進めるというのは、ユーザーに対して世界観を説明することが難しく、「デザインからコンセプトを感じ取ってもらえるもの」を目指す必要があるのでは?と考えました。

外装は、同じ世界観でまずは二機 というオーダーでしたので、私が考えたのが実際にある機械をモチーフとしたロボット当たり前の事だったりするんですが、そのものズバリって意外とないのでは?

これをコトブキヤさんと話し合い、

飛行機と戦車

実に単純な兵器をロボットにすることから始めてみようという流れになりました。

そしてモチーフ探し。

まずは身近なところから描きたかったのです。

「スティレット」

飛行機をモチーフとしたロボットは古今東西いっぱいあります。

しかし、人型ロボットを見て、一発でモチーフとなる兵器が分かるロボットは、ないんじゃないか?

そんな簡単な考えですが、個人的には面白いと思ってしまい提出しました。

スティレットという名前は、十字架の様な形状の武器から付けられました。

型式番号ともに、コトブキヤさんからの提案ですが、気に入っております。

デザインを進めていると、主翼の位置がラフ段階で色々と変わりました。

ロボットらしさ、飛行機らしさ、予想商品ボリューム、様々な理由でラフを重ね、現在の形に落ち着きました。デザインの上で一番楽なポイントと思っていただけに、少し驚きました。

インジェクション前提の一緒に作っていく面白さとも取れます。

というかスティレットにはモチーフとなった実在兵器があるので、次回はそこら辺の話を。

Home > Archives > 2009-05

Search
Feeds

Return to page top